梅加工品の代表格 | 様々な方法で手に入れる食料品|上手においしい果物を購入
通販サイトを利用して健康食品を購入する

梅加工品の代表格

梅干しの価格は、梅自体の質や製法で大きく変わってきます。

梅干しの価格は、まさにピンからキリまでというフレーズの通り、廉価なものから大変高価なものまで差があります。 価格の違いに一番大きく影響しているのが、梅そのものの産地や大きさや品質です。また、出来上がったときの梅の形での選別もされています。大き目で潰れていないものの価格が高いという一般的な傾向があります。 さらに梅干しの価格に影響しているのが製法です。昔ながらの、梅としそ、塩だけで漬け込むものは、製造に時間がかかることもあって、価格が高くなりがちです。 梅干しの原材料の表示を見てみると、漬けこみ調味料、みりん、などといった表示が入っているものが多いのですが、これらは素早く漬け込めるという利点もあり、価格は手頃になる傾向があります。

最近では、薄塩タイプやはちみつ入りのものなど種類が豊富です。

梅干しは比較的最近まで、特に地方では、家庭で漬け込む人も沢山いました。 梅の形などにこだわらなければ、梅と塩、しそがあれば材料としては足りるからです。しそは繁殖力が強く、庭があれば育てることも簡単に出来ることが多いです。 ただし、漬けこむ過程で、広げて日干しをしたりといった作業が必要なため、車道に接していない庭の縁側などが減ってきた都会では、自分で作る家庭は減っています。 塩だけで漬けた梅干しは日持ちするもので、販売されてもいますが、比較的高価ですが、冷蔵保存する必要がないのも特徴です。 また、最近人気が出てきているのは、みりんやはちみつなどで作った漬けこみ調味料を用いた手頃なタイプの梅干しや、減塩を謳った梅干しです。